2013年11月の記事一覧です。

2013/11/22 Dai Nakamura
2013/11/19 Little Lights - 4 roughs
2013/11/18 Lamb on Sunday - Melodic Farm
2013/11/17 Friendly Spoon - 夢の風船旅行 7"
2013/11/11 Raleigh - Sun Grenades & Grenadine Skies
2013/11/04 Coach Station Reunion - lost album



Dai Nakamura

















FUYUMACHI
天気雨(Arai Yumi Cover)
Alone Again(草刈正雄バージョンのカバー)
皆笑った (Pizzcato Five Cover)
Be My Baby (Vanessa Paradis Cover)
Carry Me
空腹について
Close Your Eyes
The Killing Moon (Echo & The Bunnymen Cover)
Our Freedom, Our Darkness (Memory Girls Cover)



元ARCH、中村大(Dai Nakamura)さん個人名義の弾き語り音源があまりにも素晴らし過ぎて、ありったけ貼らせていただきました。

随分と昔にソロユニットNUBACKの「Summer in Your Eyes」はチェックさせてもらってたのですが、じっくりと音源を聴くのはお久しぶりとなってしまいました。(中村さんが運営している音楽情報サイト「ポップ同盟 FLAMIN’」は、いつも拝見しています)

現在のバンド「BANK」は、Crue-l Records所属だったARCHやラブ・タンバリンズ、ブリッジなどのメンバーで構成されているネオアコ、ボッサ路線のポップバンドなのに、全然チェックしていないとは何事ですかねーまったく...。
最近は「渋谷系」を受け継ぐ若者たちの活動ばかりに注目しがちでしたが、時代のまっただ中にいたレジェンドの今もチェックしなけりゃイカンですね。ホントやっぱり素晴らしいのだから。

https://soundcloud.com/younger-than-yesterday
http://www.tooyoung-records.com/younger/
https://www.facebook.com/tooyoungrecords
https://soundcloud.com/too-young-records

BANK
https://soundcloud.com/wearebank

NUBACK
http://nuback.bandcamp.com/

ARCH
Summer Clappin' ~終わらないサマークラップ~

Little Lights - 4 roughs








ドリーミー過ぎず、ほどよくインディーポップ感もあり、とにかく良い! リリースは夏みたいですが、ソフトなボーカルはこの季節にちょうどいい感じです。
https://www.facebook.com/littlelightsmusic
http://littlelights.bandcamp.com/
https://soundcloud.com/themoskau

Lamb on Sunday - Melodic Farm












@happypocketさんがretweetしていたのをなにげなくチェックしたら好みのサウンドが!! ボッサ・ラウンジーでちょいエレクトロニック、ただし機材はビンテージもので音に温かみがある...。ステレオラブとか思い出しました。

1999年から活動しているユニットですので、私もどこかで聴いていたかもしれません。この『Melodic Farm』は8年ぶりの新作とのこと。下のiTunesプレイヤーかAmazonのサイトで全曲試聴できます。めちゃめちゃ素晴らしい。CDは12月に出るそうです。





http://www.lambonsunday.com/


夢の風船旅行
Good Day Sunshine

ソノ手の愛好家たちが狂喜した「夢の風船旅行」は少し雰囲気を変えて、ペパーミント・レインボウというよりはLove So Fineな印象に。B面の「Good Day Sunshine」はAno(t)raksのコンピ『Subterraneans V​.​A.』にも収録されていた曲です。ゲストボーカルは共に姫乃たまさん。
https://twitter.com/friendlyspoon
https://soundcloud.com/friendly_spoon



【参考資料】

◎Ano(t)raksのオガサワラさんによるインタビュー
Bobbie’s Rockin’ Chair好きのフレスプ石上氏、オガサワラさんの孫弟子認定を受ける。(一番弟子がBobbie’sの森本さんらしい) 森本さんはFriendly Spoonについて、一見Bobbie’sっぽいけど根本的なところでCandy Eyes(オガサワラさんがやっていたバンド)チルドレンではないかとtweetしている。
Friendly Spoon INTERVIEWその1/その2/その3/その4
Bobbie’s Rockin’ Chair - young friends 1998
Candy Eyes - Red Bike (it's as my best friend) 1992


◎おいしいはなし
https://twitter.com/oishiihanashi
ソフト・サイケ・ポップバンド。鍵盤&ボーカルのカナコさんが 「夢の風船旅行」のデモバージョンを歌っている。デモ版もすこぶる評判が良い。



◎マンタ・レイ・バレエ
https://twitter.com/MantaRayBallet
石上氏が先輩たちとやっているシティポップバンド。このバンドも恐ろしく素晴らしいので音源のリリースを待っている人多し。(まだでしたよね!?)
マンタ・レイ・バレエ - インタールード~そらのなかだち



◎その他の音源

Friendly Spoon - 夜も昼も​(​live)


Friendly Spoon - 夏に手を振る​(​live)


Friendly Spoon - 気まま時代


ishigami takahiro - toy4


ishigami takahiro - lounge1


ishigami takahiro - lounge2


ishigami takahiro - 恋とマシンガン(cover)

via The New LoFi



ジャケから想像していた音とは全然違いましたが、ウチ好みのポップな曲もあります! Inside Lines (M2)、Ostinato (M11)、It Will Rise (M12) なんていかがでしょうかね?
http://www.raleigh-sound.com/




地味ぃーに話題となっていた Xavi Rosés (Fred i Son)のソロプロジェクト Coach Station Reunion。ついにリリースされたこのアルバムでも、ユニット名の元ネタとなっているThe Field MiceのBobby Wrattenをはじめ、Ben WattやPaddy McAloonなどにインスパイアされた ひたすら美しいアコースティックサウンドが繰り広げられています。

以前紹介したデモトラック集「compiletely coach」は、今回のアルバムリリースの影響で(おそらく)ネット上から削除されてしまいました。思いっきりエコー(リバーブ?)かかりまくってて、ボーカルも引っ込んでるんですが、それがもう良い雰囲気を醸し出してて素晴らしかったのですけどね。




Eli e​.​p. 2012

Covers Record 2011

http://www.fredison.com/
http://coachstationreunion.bandcamp.com/
http://discosdekirlian.com/