韓国の女性シンガーソングライター sugarhate(シュガーヘイト)さんのデビューEP「kitchen table music」がまもなくリリースされます。Jポップのカバーで注目を集めた彼女に、日本語曲との出会いから最近の活動までいろいろ聞いてみました。インタビューから公開までずいぶん時間が経ってしまいました。シュガーさん、ごめんなさい!
取材日:2015年2月8日、9日
interviewed on February 8-9, 2015



──まずは、シュガーさんの自己紹介的なことをお尋ねしたいのですが、何年生まれか聞いても大丈夫ですか? 大学はもうすぐ卒業なんでしたっけ?


1992年生まれです。韓国では今年で24歳になります。日本では23歳? 大学は8月に卒業なんですが、少し卒業を延期するかもしれません。就職の準備をするためです!
※韓国と日本では年齢の数え方が違い日本だと23歳です。卒業は2016年2月になったそうですよ。




──今年で卒業ですか〜。仕事は音楽の関係を希望しているのですか? それともまったく違う仕事?


普通は2月に卒業ですが、私は1学期を休学したのでちょっと遅くなりました。仕事は新聞や放送局の文化部の記者が希望なんですが、雑誌や出版社も考えています。いまもある出版社でインターンシップをしています。音楽関係の会社もいいと思ってますし…やりたいことが多すぎて心配です。
※インタビューのときは冬休み期間でした。いまは某テレビ局のインターンとして活躍してます!




──シュガーさん、写真とかデザインのセンスがいいから出版編集者もいいですね。ぜひ音楽活動も続けて下さい。ところで大学での専攻は日本語ですが、なぜ日本語を学ぼうと思ったのですか?


ありがとうございます!音楽も続けていくつもりです。音楽についてのエッセイも書いて、取材もしてみたいです。
日本語を学ぼうと思ったのは、やはり音楽の影響が大きかったです。実は小学生のころから日本の音楽を聴いて、歌詞を読んで、歌っていたんです。韓国語の翻訳や読み仮名(ハングル)がない曲はその意味も分からなくて、自然に「日本語をもっと勉強して、この歌詞を自分で翻訳して歌ってみたいな」と思いました。なんか変な理由かもしれませんが、日本語を学び始めたいろんな理由の中で、そういった文化についてのことが一番重要なことでした。いまでは日本語という「言語」に関してだけでなく、日本のいろんなことが分かってきて良かったなと思っています。




──シュガーさんの「音楽仕事」楽しみです。小学生のころに聴いていた日本の音楽は覚えていますか? どういうきっかけで聴くようになったのでしょうか?


小学生のころは、他の友達と同じようにテレビアニメをよく見ていました。なかでも「カードキャプターさくら」のファンで、そのアニメの韓国版オープニング曲が大好きでした。ある日、叔父がうちに来たときにネットで「カードキャプターさくらOP」という音源を見つけてくれて。再生してみたら、韓国語じゃなくて日本語の歌が流れて驚いた記憶があります。「これ何??これじゃないのに???」って。それが坂本真綾さんの「プラチナ」でした(笑) たぶん、それが日本語の歌に出会った最初の最初だったと思います、恥ずかしいですけど…。




カードキャプターさくら韓国版オープニングと 坂本真綾「プラチナ」

それから、小学3年のとき一人でちょっとネットラジオみたいなことをして遊んでいたんですが、さっきとはまた別の叔父がうちに遊びに来たとき私にhiroさんの「As time goes by」をリクエストしたことがありました。そのときは「知らない曲だけどリクエストはリクエストだから」みたいな気持ちで調べて再生したのですが、意外と良くて...。そこから自分で歌詞を探して、歌い始めたと思います。そのあとはなぜかバンド音楽が好きになったんですけど。




──偶然にも日本の曲と出会ったわけですね。最初に自分で歌い始めた日本語曲は「As time goes by」ですか...。そのあと好きになったバンドはどういうものですか? 中高生になるとバンドの音楽が好きになりますよね。


小学6年ごろに好きになったバンドはBUMP OF CHICKENでした。彼らの曲を全部覚えて歌の練習をしました。あとASIAN KUNG-FU GENERATION、ELLEGARDENも大好きでした。今も好きです。こういう音楽を聴きながら「将来バンドをやってみたい」と思ってました。
でも、中学生になってこの動画を見たんです。



動画の女性は「オ・ジウン」というインディーミュージシャンです。これをみて「ああ、やっぱりアコースティックの方がいいかも」と思い、初めてギターを買いました。そして彼女のサイトに「大ファンです。あなたを見て私もギターを買い、練習を始めました」と書いたら、彼女が「がんばってください。私よりも上手になるかもね」と返事をくれてうれしかったです。それまでは女性が歌う曲はほとんど聴かなかったのですが、これがきっかけになって椎名林檎という歌手を知り、Do as infinityやaikoも聴き始めました。




──椎名林檎も直接知ったのではなく、韓国人ミュージシャンがカバーしているもの経由だったのですね。ギターを買ってからは、バンドはやってないのですか?ずっとソロ?


そうです!ずっとひとりでした。高校生のとき一度ゲームのオリジナルサウンドトラック(OST)のためにチームで制作したことはありますが、バンドはやったことありません。私の動画を見たり音源を聴いた人から「一緒にバンドをやりませんか」と言われることもあり、それで実際に会って演奏したりしましたが、やはりお互いにぴったり合うメンバーを見つけるのは難しいですね。私の能力も足りないですし…。いつかぜひバンドやグループで音楽をやってみたいと思っています。寂しいですから。




──(泣) でもやっぱり、いろいろお誘いがあるのですね。バンドもソロもそれぞれ魅力があるのでシュガーさんにはいろいろやってほしいです。ゲームのOSTは実際に発売されたのですか?


CDでリリースして音源もダウンロード販売されました。その中でも「with you」という曲はなかなか評判が良くて、ある販売サイトでは売り上げ1位になった時期もありました。それが高校3年生の時ですね。




──ちなみにゲームのタイトルは何というんですか?どういったきっかけで音楽制作に参加したんでしょう?


ゲームのタイトルは「11月少年(11월 소년)」です。「with you」のほかにもいろいろBGMやキャラクターソングの作曲に参加しました。8曲ぐらいでした...たぶん。歌ったのは「with you」1曲だけです。きっかけは、当時ときどき私にMIDIを教えてくれていた知人が先に音楽制作チームに参加することになっていて。それで、その知人から私にも声がかかったのです。この制作チーム「GATE31」でいろいろ活動する計画もありましたが、OSTを発売したあとに解散(?)してしまいました。

※シュガーさん、実はGATE31というチーム名から「sugarhate」という名前を思いついたそうですよ。gateではなくhateになりましたけど...。11月少年というのはイケメンだらけの心理サスペンスゲームのようです。サントラは2種類(BGM集、ヴォーカルコレクション)発売されており、現在もNAVERMnetなど韓国の主要な音楽配信サイトで購入することができます。





──すごい高校生だなあ...。初めての曲を作ったのも高校のときでしたよね?「よし自分でも曲をつくってみよう!」と思って作り始めたのですか?それとも、自然に、歌っているうちに自分の曲ができたという感じですか?


初めて曲を書いたのはOSTを作る前だったと思います。今回のデビューEPのラスト曲「변명」が、私が自分で初めて作った曲です。それまでもギターを弾きながら「歌を作るのって簡単なんじゃない?」とか考えてましたが、実際は思うようにできませんでした。試しに作ってみても「歌」といえるようなものではなかったです。

でも2009年のある日、当時付き合っていた人とけんかして、家に帰ってシャワーを浴びながらその日の出来事を振り返っているうちに「변명」の歌詞がパッと浮かびました。それからすぐパソコンの前に座り、もともと作っていたインスト曲にその詞をのせてみたんです。自然に曲ができたといえますね。その後は「ギターコードの上に歌詞をつける」方法ができるようになって、ずっとそれでやっています。




──「변명」にはアコースティックバージョンもあるんですよね。打ち込みのリズムトラックもいいですが、ギターのみでラフに歌っているのが曲にもマッチしてて、これがホント最高に素晴らしい!



そうですか!私もその曲を(EPに収録するとき)アコースティックバージョンにするか、オリジナルにするか悩みました。でも、作った当初の形で収録することに意義があると思ったのです。アコースティックバージョンもいつか完成させたいと思っています!ありがとうございます。




──記念すべき最初に作った曲ですからね!! ところで、シュガーさんはいつごろからネットで自分の曲を公開し始めたのですか? 公開してどんな気分でしたか?


ボーカルカバーなら中学生の頃からずっと公開してきました。自作の曲は高校2年生の時からですね。どうしてネットに公開しようと思ったのかは自分でもわかりませんが、公開した後に面白いと思ったのは確かです。声を録音して、編集して、誰かに聴かせる過程が面白かったです。最初は歌もめちゃくちゃで、声もあまり綺麗ではなくて誰かに褒められることはほとんどありませんでした。自分で聴いてもあまり良くなかったです。でも、10人のうち1人ぐらいは「良い」と言ってくれる人がいて...そのおかげで、もっと頑張ろうと思ってここまでやってこれたし、今ではときどき歌や声を褒められたりするようにもなりました。




──中学生のころからネットに!そういう世代ですもんね。YouTubeですか?


いえ。中学生(小学生かもしれません)のころは、歌のコミュニティーサイトに音源をアップしていました。YouTubeを使い始めたのは高校生の時からでした。最初は曲だけでしたが、動画も付けてアップしたのは大学に入ってからです。




──公開して反応があるとうれしいですよね。世界中の人に自分の音楽を聴いてもらえるのがインターネットの魅力ですが、日本から反響があったことをどう思いましたか? 日本の曲もカバーしているから、だいたい予想はできましたか?


日本から何か反応が来るとは全然思っていませんでした。むしろ、ネットの世界はとても広いから誰も聴かないだろうと思ってました(笑) YouTubeに動画をアップしたのは、私のブログに来る人に音源だけではなく動画も見せたいと思ったからで...。でも、思ったよりもたくさん聴いてくれる人がいると分かり、とてもうれしかったです。




──バンドのお誘いはよくあるとのことですが、ソロでCDリリースの話とかはこれまでなかったのですか?


はい...。いまゲストボーカルで参加している「LITTLE MISS SUNSHINE」というプロジェクトでミニアルバムを出す話もあるんですが、CDリリースの話はこれまでなかったです。






──そうなんですね...。しかしまあ LITTLE MISS SUNSHINEもポップで素晴らしいですね!シュガーさんのボーカル、いつもとちょっと違う感じがします。ビデオにも出てますか?


いつも私が「内職的少女ボーカル」と呼んでいるスタイルです。ビデオには出ていません。この「Be Yourself!」は昨年の夏に出した1stシングルで、MyQという男性ミュージシャンとのコラボです。
(※MyQは韓国のR&B系アーティストで作詞作曲・編曲を担当)




──内職!(笑) この曲はデジタル販売のみだったんですね。そういえば、日本もそうなんですがCDってみんなもう買わなくなってきていますよね。やっぱり韓国の若い人もCD買わないですか?ダウンロードが多い?


ストリーミングが一番多いですね。私はたまにCD買うんですけど、周りの友達はなかなか買いません。




──ですよね...。ストリーミングは日本ではまだこれからですね。話は変わりますが、いつも曲を作るときはどういうふうに作りますか? 公園の芝生でギターを持って寝転がっている写真を見かけましたが、家の外で曲を作ることもありますか?




あ、あれはまったくの「やらせショット」です! 友達と外へ遊びに行った時、写真を撮るためにギターを持って行ったんです。いつもは寝る前にベッドの上に座って作るか、パソコンの前に座って作ります。外ではまだ試してません。
部屋のどこかに座って、思うままにギターを弾いて、鼻歌を歌いながら何かいい歌詞やメロディーが思い浮かんだりすると歌にしてみます。キーボードなどでまず作ってからメロディーをつけることもあります。




──デビューEPに収録した曲はすべて恋愛の曲ですが、作るのはラブソングが多いですか?


はい、ラブソングが多いです。私も友達もみんな恋愛に夢中でしたので、すべて私の話ではありませんが、収録曲はなぜか全曲がラブソングになってしましました…。個人的にも悲しい時期があったし、それで自然にそうなったんだと思います。でもこれからはもっといろんな歌詞の曲も作ってみたいと思っています。実はずっとチャレンジしていましたが、完成したものはまだありませんね。主にカフェについての曲が多いです。今はなくなってしまったけど昔バイトしていたカフェや、よく行ったカフェ、食堂とか…。

※カフェについての曲「주말알바(週末バイト)」




──いろいろな歌詞の曲も楽しみですねー!早く聴きたい!
それでは最後に、日本のリスナーに向けてメッセージをよろしくお願いします!


はい! 日本の皆様、初めまして。シュガーヘイトと申します。いつも独り言みたいに音楽をやってきましたが、こうして皆様に聴いてもらえることができてうれしいです。曲もボーカルも演奏も、なんでも下手で、まるで悪筆な日記を盗み見るような気がするかもしれませんが、自分は楽しく、また自分自身が癒されながら作った音楽です。私がそうだったように、皆様も聴いて共感したり、眠る前に聴いて昔の恋人や友達を思ったりしたらいいなと思っています。どうぞ楽しくお聴きください。^_^
ありがとうございます!



※2015年11月5日にHOPE YOU SMILE RECORDSのサイトで公開された記事を一部変更し転載しました。インタビューが行われたのは2015年2月8日、9日です。





Sugarhate digital EP "KITCHEN TABLE MUSIC"
releasing on 2016/3/11 in Korea

01. 단 한번이라도 (ただ一度だけでも) 3:12
02. 그냥 집에 가자 (君の家に行こう) 3:58
03. 전언 (伝言) 4:08
04. 근데 있잖아 (でもねぇ) 2:46
05. 그 애는 이상해 (あの子はおかしい) 4:14
06. 변명 (弁解) 4:16
2015.11.05 Thursday 12:00am|STUV

kiki vivi lily



Groovin'なソロプロジェクトをはじめます。
ゆり花改め kiki vivi lily です。


真夏のある日、そんな宣言とともに
1本のクールなムービーが公開されておりました。

クラシカルで王道ポップスなユニット monoriq もありますが
期間限定エレポップユニット 胸キュンディスコティックの流れで
ソロもGroovin'な方向にむかっていくのは正解なのでは!


https://soundcloud.com/yurika-8
http://kikivivilily.wix.com/official
https://twitter.com/ki_vi_ly

Brideshead - Never Grow Up





ドイツの僕的ギターポップレジェンドの新作が
ホントにとうとうリリースされてしまった。
(LPが日本に入ってくるのは9月末ごろでしょうか...)

前作の発売から13年もたっているので
 1st「SOME PEOPLE HAVE ALL THE FUN」 (1999)・・・最高
 2nd「In And Out Of Love」 (2002)・・・くそ最高
まあ残念な結果も想定していたのだけど
見事に全然変わっていなかったわ。

あのころのあの感じ。
つまりは最高ってことね。

https://twitter.com/brideshead_band
http://www.brideshead.de/
toying - after goodbye
https://twitter.com/ragchewshack






Adam and Darcie
https://www.facebook.com/adamanddarcie






beef -ドリーミン京浜東北ライン feat.マリナ
http://twitter.com/beeffantasy






Animal Daydream
https://www.facebook.com/animaldaydream





Couple - Brief Pop
https://soundcloud.com/couple-2






Jean Tonique
http://www.twitter.com/jeantonique





fishpond×Haccadrop
http://fishpondmusic.info/circus/






Jon Lawless (Swim Good)
http://www.twitter.com/swimgoodnow






Like This Parade - Primary One, Secondary One
https://soundcloud.com/likethisparade





Ben Browning
https://twitter.com/_BenBrowning






Pictured Resort
https://twitter.com/PicturedResort







Roman à clef
https://twitter.com/roman_a_clef






Special Favorite Music
2nd EP ”ROMANTICS" Trailer
https://twitter.com/SPCL_FVRT_MSC






She's So Rad
http://www.shessorad.com/





Alfred Beach Sandal
https://twitter.com/kitazzzato






Aaron
https://twitter.com/aaronofficialuk





satomoka さとうもか
https://twitter.com/rrw6sv






The Rightovers
https://twitter.com/therightovers





ウワノソラ'67
シェリーに首ったけ
http://uwanosora67.wix.com/uwanosora-67





Vetiver
http://vetiverse.com/





■韓国モノ

Joohye - Biggest Fan (ver. acoustic)


Stella Jang - It's Raining





よくある「買って満足して全然聴いていない」の上級編として「見つけてそれで満足」みたいなのがあるそうです。ん?自分のことか・・・と、何をいまさらなことを今回も前置きして、まあそういうリストです。

toyingの1st EPが最高でした。が、バンドはすでに解散していた。だから、はじまりのような さよならのような、そんな気分になったのかもしれない。

さとうサンの左耳のネコ。CDのバンドアレンジも最高ですが、宅録デモの魔法がかかったみたいなサウンドはアレほんとに魔法。

Joohyeさん、どう調べてもBig earth little meという男性ユニットのフィーチャリングボーカルってぐらいしか分からなくて。で、思わず地元韓国のsugarhateさんに聞いてみたんですけど、彼女も知りませんでした。しかし相変わらずボッサポップ的な良い曲が出てくるなあ〜、韓国インディー。





■そのほか良かったものメモ
asuka ando - ゆめで逢いましょう
The Fax - Biosphere Escape
viewtorino - viewpoint
山田稔明 - the loved one
WONDERVER - MELLOW
k.k.house - The Foundation e.p. Digest
TWEEDEES - KLING! KLANG!!
ぶらじる商会 - JAZZSAMBISMO
橋口靖正 - ウォーリー
藤原さくら - Walking on the clouds
Candids - Love EP
Cherokee - Teenage Fantasy EP
MERCURY GIRLS - Demos
Moon King - Apocalypse
Netorare Fan Club - 18
Nic Hessler - Soft Connections
Shura - White Light
The Octocats - In the Morning
TV Girl
WESTKUST - LAST FOREVER




【関連記事】
2014年下半期の気になった音楽
2014年上半期の気になった音楽
favorite2013
2013年上半期の気になった音楽
favorite2012 外国の音楽編 / 日本の音楽編
2012年上半期の気になった音楽 洋楽編 / 日本&アジア編
favorite2011 / 追加リスト
favorite2010
favorite2009
2008年のまとめ
オープン5周年企画: favorite2007-2011
2015.07.06 Monday 02:45am|various






Lucky Soulよりソウルフル
Pepper Potsよりブリージン
Respondモノよりグルーヴィー
とかなんとか。

にしてもあんまり話題になってないような...。
買ってから結構たちますが、これやっぱスゴイ良いので
まだ聴いてない人はぜひに〜。


http://www.trambeat.co.uk/