ダンスミュージックは賞味期限の短いものが多いですが、このアルバムは発表当時から10年以上聴いてます。なのに全然古く感じないし飽きない。ハウスミュージックの名盤としてこのアルバムを挙げる人が多いのも納得。

前作「French Kiss」は好きじゃないですが、このアルバムはほんとすばらしい。独特のミニマルなビートとソリッドなキーボード。どんどんジャジーに、ハウスじゃなくなってく後半。非常に心地良し。

無理やりベストトラックを選ぶとしたら You're My Reason にします。シャッフルな感じのリズム、美しいメロディー&きれいなボーカル。最終的に行き着く所は「ふつー」のポップスか!?



LINK

【関連リンク】
リル・ルイス インタビュー(Higher Frequency)
2004年でDJを引退してたって!?





2004年1月12日に関心空間で公開したものをもとにしています。

 この記事へのコメント