NONA REEVES - free soul (2006)




デビュー10周年のベストアルバム。Cafe Apres-midi や free soul などの人気コンピレーションでおなじみSUBURBIAの橋本徹さんが選曲を担当している。

グループの音楽性を良く理解した上でのセレクトや構成は人気曲をぎっしりパックしました的な、そこら辺のベスト盤とはひと味違う。まあ、タイトルの「free soul」の文字を見れば察しがつくか。

とは言え、ベストソングはやはり「LOVE TOGETHER」。ポップ度が群を抜いている。カバーもいいのがたくさん。「土曜日の恋人」「IF YOU WERE THERE」はどっちも最高。IF YOU WERE THERE は、ワム!のカバーからという西寺氏のエピソードもおもしろい。



関連リンク
http://www.nonareeves.com/
http://www.apres-midi.biz/
amazon.co.jpTokuma Japan Communications

 この記事へのコメント