Carnival Park


FERNS に引き続き、アジアのグループを紹介します。
今回はフィリピンのインディーポップバンド、

Carnival Park

です。

フィリピンとインディーポップ(もしくはネオアコ)が正直、イメージとして全然結びつかなかったのですが、実は素敵なバンドがたくさんいる「ポップ大国」みたいですね。ただし情報が少し古いものなので、現在のシーンの盛り上がり具合はわかりません。

Carnival Park(カーニバル・パーク)は1999年、マニラ首都圏のヴァレンズエラで結成。アメリカの Shelflife Records と地元の Dorothy Records からミニアルバムをリリースし、いくつかのコンピレーションに参加したようですが、きちんとした「アルバム」というものは出していません。

サウンド的には、あどけない感じの女性ボーカルと、やさしくナチュラルな男性ボーカルのツイン攻撃。全体的に可愛いらしいイメージのさわやかポップです。
メンバー構成と少しつたない英語詞から、なんとなく Acid House Kings を思い起こしました。本人達もフェイバリットに挙げていますので、ちょっと意識しているのかもしれません。

しかし、いかんせん情報少ないなー。
写真はどれもボケボケだし、YouTubeにアップされてるライブ映像も状態悪すぎる。頼みの綱のオフィシャルサイトも「なんだかなー」状態だ。
レコーディング準備中!みたいなことが書かれてるけど、これもいつ書かれたのか怪しい。とりあえずは MySpace で楽しみましょう。
http://www.myspace.com/carnivalparksongs

そうそう、yahoo groupsにある彼らのコミュニティーに参加すると、さきほど書きましたミニアルバム「Her Kindercrush」を無料でダウンロードすることができます。
Her Kindercrushは、Shelflife(&Dorothy)で限定発売されたCD-Rで、
いまでは入手困難となっているシロモノです。
 

ダウンロードできる曲(mp3)は以下の6曲。
Lachrymose / Come Summertime / Dorothy
Half Smiles and Frowns / Edinburgh / Moonlight Darling

これがまたいい曲ぞろいなんですよ、まったく・・・。
yahoo groups に参加するには yahoo ID を取得しないとダメなんですが、
そんなに面倒でもないし、MySpace では聴けない曲ばかりなのでぜひ!

 この記事へのコメント